みんなの歯科クリニック《藤沢・辻堂》

住所

神奈川県藤沢市辻堂新町1丁目6-35

アクセス

辻堂駅より徒歩5分

定休日

水曜日・日曜日

その他

 

 

 

インプラントのデメリットは?

インプラント治療は無くなってしまった歯を取り戻す有効な手段であることは間違いないのですが、それに対してデメリットが生じてくることも否めません。インプラントを埋めるということは外科の手術の範疇に入ることになりますので、術後に歯茎の腫れが生じてしまったりそこから雑菌などが混入して感染症にかかってしまうリスクというものが当然出てくるわけです。もちろん適切に処置をすればその可能性は低くなりますから、そこまで怖がってしまう必要もないかと思います。
他のデメリットとしてはそもそもインプラント治療をして歯を取り戻したいと思っても、その治療をすることさえできないケースも存在しているんです。それは心臓疾患の持病を持っていたり妊婦さんだったりと、何らかの影響を受けてしまう可能性の高い病気などを持っている場合なんです。ですからどのような方でも治療を受けられるわけではないというのもデメリットのひとつと言えるでしょう。
そして他の歯科治療よりも高額な治療費がかかってしまうということもデメリットではないでしょうか。保険が適用されないということもありたった一本だけでも何十万円という治療費になってしまうことも珍しくありません。
この様にデメリットを幾つか挙げてきましたが、もちろんインプラント治療で人生が明るくなった方もたくさんいますので良し悪しと言った所ではないでしょうか。

歯のコンプレックスならたくさんあります。きちんと磨いているつもりでしたが、子どもの頃から虫歯が多く、現在前歯4本は差し歯です。奥歯は銀をかぶせた部分があって、大口を開けて笑うと目立つのが悲しいです。ほんとは白いセラミックをかぶせたかったのですが、お金をケチってしまって治療を妥協したのを今、少し後悔しています。その反省を踏まえて、前歯はお金をかけたセラミックにしました。以前、仕事で知り合った歯科医の方にはすぐにわかったようで、「これなら半永久的に保ちそうですよ。いい歯を入れましたね」と褒められ、うれしいような悲しいような、複雑な気持ちになりました。とにかく歯医者が苦手なのと、現在収入も減ってしまっているので、歯医者には行きづらい状況です。今も心なしかしくしく痛むようなところ、歯のすき間で薄い茶色になっている部分などがあるので、虫歯ではないかと思っていますが、なかなか足を運べません。また、若いときから歯ぐきがやせて、色が悪いのも気になっています。時々、歯を磨いていると出血する部分があるので、指でマッサージするなど、ケアをしているつもりです。また、歯科医でデンタルフロスを使うよう指導されていますが、現在ドラッグストアなどで手に入るものはワックス付きで、テグスのようで歯ぐきが切れそうで何か怖いのです。そこで、昔から海外に旅行に行くと買ってくるデンタルフロスがあります。「Oral-B」の「ディープクリーンウルトラフロス」は、ふわふわとした素材で、歯のすき間に入れて引っ張ったり緩めたりすることで汚れをかき出してくれ、つるつるしていないので歯ぐきが切れそうな怖さもなく、とっても気に入っています。日本ではソニプラなどの輸入雑貨店で見たことがありますが、扱っていないことも多く、また1つ1000円近くするので、買うのをためらってしまいます。今、もうすぐなくなるので、大事に大事に使っていて、もっと惜しげもなく使えれば口の中の環境がよくなるのに! と思っています。もっと日本でも気軽に買えるようになってほしい!と熱望しています。