デンタルケアハンズインプラントセンター

住所

東京都調布市国領町8-2-64 イトーヨーカドー3階

アクセス

京王線国領駅南口徒歩5分

小田急線狛江駅バス10分ジューキ前徒歩1分

定休日

年中無休

その他

 

 

 

インプラントのデメリットは

硬い食べ物も食べる事ができる、自分の歯と変わらない見た目など、インプラント治療を行う事で得られるメリットは、
数多くあります。

 

しかし、何事もメリットがあればデメリットもつきものです。
メリットの多いインプラント治療にも、はやりデメリットはある為、その点は注意しましょう。

 

インプラント治療のデメリットとして挙げられるのが、まず費用が高額という点です。
ケースによっては保険が適用されますが、かなり条件が厳しい為、多くの場合が自己負担となります。
インプラント治療を自己負担で行うとなると、インプラント1本につき平均して約20万円から、60万円という費用が掛かってしまうのです。

 

何本かインプラントにするとなると、100万円以上かかってしまうケースがあるなど、インプラント治療は金銭的な面でデメリットがあると言えるでしょう。

 

また、誰でもインプラント治療が受けられるという訳でなく、顎の骨が薄くなっている場合、治療を断られてしまう事もあります。
この場合、治療を断念したり骨を再生する治療を受けてから、インプラント治療を行う必要があります。

 

この他にも感染症のリスクがある、治療期間が3ヶ月から1年ほどと長いなどが、インプラント治療のデメリットと言われています

歯並びが悪く、不正咬合のため前歯が機能しないことが悩みです。
変な噛み方をしているうちに顎関節症になりました。
歯ぎしりの癖もありました。
歯を強く締め付けられるような痛みのせいで夜中に起きることもありました。
約半年にわたってマウスピースを用いた治療を行い、かなり改善されましたが、根本的に直したいと思い矯正治療に踏み切りました。
矯正治療には正直抵抗がありました。
私の歯並びでは、抜歯矯正が望ましいという説明を受けていましたし、自分でもそのほうが良いと思っていました。
歯に対して顎が小さすぎたからです。
どうせ矯正をするなら、機能性を改善するだけでなく、見た目も美しくしたいと思いました。
矯正の前に、残っている虫歯を治療してから、抜歯をすることになりました。
抜歯前日は緊張してそわそわして、なかなか寝付けませんでした。
抜歯は麻酔をして行われました。
麻酔が効かないうちに抜かれたらどうしようと不安に思いました。
歯科の先生は、抜歯の前に金属の棒で歯をぐいぐいと押して、「大丈夫ですか?」と聞いてくださいました。
押される感覚だけがあって、痛みはありませんでした。
「大丈夫です」と答えると、先生はペンチを出して、私の歯を引っ張りました。

思っていたよりあっさりと、痛みもなくあっけなく抜けてしまいました。
麻酔が切れたらどんなに痛いだろうと恐れていましたが、特に強い痛みも腫れもありませんでした。
腕をつねったほうが痛いくらいです。
翌日の消毒も、全くしみませんでした。
怖がって損をしました。技術の発展に本気で感謝をしました。