三原市でインプラント治療をするなら?

 

 

河田歯科医院

住所

広島県三原市宮浦4-6-16

アクセス

JR岡崎駅 徒歩10分(タクシー2分)

定休日

木・日・祝

その他

※木曜日は休診日ですが、祝日のある週は診療します

 

 

 

インプラントの危険性について

インプラントはとても便利な物ですが、危険性というものも持ち合わせている治療法です。この治療を受けた場合、噛む力がその部分にだけ集中してしまい、骨が無くなってしまうという危険があります。これは他の歯が持ちこたえられない状態となり、次々と歯が抜けてしまうのです。従ってインプラントを受ける場合は噛み合わせの検査を常に受けなければなりません。
またインプラントに力がかかりすぎると、歯の骨だけではなくあごの骨まで達してしまうことがあります。あごの骨を貫通する可能性もあり得ることで、こうした危険性を十分に理解していかなければなりません。インプラントを受けた後は色々な検査を定期的に行うことになりますので、安定しているかどうかは毎回チェックして貰いましょう。

 

また手術中に細菌に感染して病気を引き起こしたり、治療個所をミスして神経麻痺を引き起こすことだってあり得ます。こうした治療は自由診療で提供していることから、あまり治療が上手ではない医師が殆どです。そのため腕のいい医者にお願いしないと医療ミスで大変なことになる場合もあります。治療を受ける場合はこうしたリスクを理解してから行うことと、本当に受けるべきかどうか考えてください。

私は、うまれつき顎が小さく小学校3年生くらいのときから矯正歯科に通わせてもらいました。そのときの前歯といったら、文章で形容しがたいくらい無理にはえていて…。当時の私は口をあけてわらうことができず、いつも一文字に口をしている子でした。先生も写真をとるときに笑って~といいますが「開けられるか馬鹿!!!」と心の中でいっていました。そんな風なことを親は想像してくれていたみたいで、矯正歯科には費用云々となにも言わずに通わせてくれました総額で100万円以上かかっています。治療の途中経過はしくしく泣くほどいたかったり、矯正器具をからかう同級生などがいたり、口内炎ができたりと大変でした。しかし親が矯正歯科に通わせてくれたおかげで中学校にあがるころには矯正治療も無事におわり…現在にいたっています。もともと顎が小さいこともあったので、よくよくみると歯は出っ歯です。でも小さい時みたいに一文字で仏頂面なことはありません。私の歯はお金がかかっているので、25歳の現在まで虫歯をつくらないように頑張ってきました。しかし、仕事のストレスか初期虫歯ができてしまい、いまは緑茶を飲んだりフッ素ガムをかんだりしてがんばっています。しかし、本当に親に感謝しています。