インプラント治療を受ける事で、入れ歯で感じる不便さや不満を、解消できると言われています。

 

入れ歯は自分に合わせて作ってもらっても、時間の経過と共に噛み合わせが悪くなり、食事がし辛いなどの不便さや見た目が悪いなどの、
不満を感じやすいですよね。

 

一方、インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する為、噛み合わせが悪くなる事はありません。
また見た目も自分の歯と同じなので、入れ歯にしたくないという方に、インプラント治療は選ばれています。

 

しかし、顎の骨に穴を開けるなど聞くと、かなり痛みが強いのでは?と心配になってしまいますよね。
インプラント治療を受ける際は、基本局所麻酔を行います。
麻酔をするので痛みはほとんど無く、虫歯などで歯を抜く時と同じ程の痛みしかありません。

 

手術後は腫れや痛みが出ますが、痛み止めを処方されるので安心です。

 

もし、手術に対して抵抗や不安感が強いという場合、静脈内鎮静法で治療するケースもあるようです。
静脈内鎮静法は鎮静剤を点滴しつつ、手術を行う方法で半分眠ったような感覚になる為、緊張や不安感が軽減され安心して治療を受けられるでしょう。

 

このようにインプラント治療は、痛みに対する心配はほとんどない治療と言われています。

大阪でインプラント治療をするなら?おすすめはココ!記事一覧